歯科で行われる治療|酷くなった虫歯でも治せる

男性

放置しない

白い歯

インプラントというのは千葉でもよく行なわれる歯の治療方法です。歯を失った部分の骨に穴を開けて、そこに器具を埋め込むことで安定した人工の歯を装着します。歯が抜けてしまった場合に1、2本なら問題ないだろうとそのままにしてしまう人も千葉にはいますが、そうすると噛み合っていた部分の歯が伸びてきてしまうことや、隣の歯が倒れてくることなどがあるため歯並びやかみ合わせが悪くなってしまいます。そうすると口内の見た目が悪くなるだけではなく食事もしずらくなるので、なるべくそのままにせず千葉の歯医者に相談しに行きましょう。千葉で行われる治療方法はインプラントの他にも入れ歯やブリッジと呼ばれるものがあります。それぞれに特徴や費用が異なるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。入れ歯やブリッジの場合、歯を固定するために周囲の歯へ負担をかけてしまいますが、インプラントではその心配がありません。インプラントの特徴は歯への負担以外に、見た目が自然の歯とほとんど変わらないということが挙げられます。入れ歯の場合はバネによって人工の歯を固定するため口を開けたときに見えてしまいますが、インプラントは独立して固定されているため見た目の違いは少ないですし、治療で使う素材を工夫することで色も自分の歯に近づけることができます。このように多くのメリットがあるためインプラントにしようと考える人は多いですが、そのときにはいくつかの注意点があります。半永久的に効果が持続すると言われる治療方法ですが、こまめに手入れや定期的な検査を行なわないと虫歯や歯周病になってしまうので炎症を引き起こしてしまう可能性があります。また、症状が悪化してしまうことにより、抜歯をしなければならない状況になってしまうため、きちんと検査をして治療をしましょう。